西郷どん 第13回「変わらない友」

 

地震で嫁入り道具が全てボツになったため、篤姫の輿入れは延期。一年の準備期間はあっという間に過ぎて、一気にお輿入れ。詳細は『篤姫』を見てねってことだろうか。家定と篤姫のやり取り可愛かった。


月照さん初登場。最初に出てくるシーンで既に優雅な所作を印象づけるスローモーション、まばゆいばかりのオーラエフェクト、と演出が振り切れてる。吉之助の心中相手というあまりにも有名な逸話をどう描くのか謎。

 

久々に薩摩に戻ってきた吉之助に対し、思うところある正助の、凝り固まった笑顔が情けなくも面白い。それにしてもそういう回に申し訳程度に放り込まれた正助の結婚話が浮いていたような…結婚話というかプロポーズ話?取って付けたあのエピソードは何だったんだ…満寿さんのキャラ付けにも別になんの影響もないエピソードだったような。

 

吉之助と正助のいさかいはもっと拗れるかと思ったらあっさりと解決してしまって肩すかし。正助にとって吉之助に対する嫉妬のようなものは確かにあるだろうし、それとは別に吉之助の人柄を心底好ましいと感じているのも確かだと思う。吉之助はそういう愛されキャラだというのはすごく良くわかるのだけど、一方で正助がどういうキャラかというとこれがいまいち良くわからない。久光に近づいたり、いろいろ考えていそうではあるのだけど、それがどこに向かっているのかわからないので、薄ぼんやりとしたイメージしか残らないのが残念。史実なんだろうし仕方ないんだけど、反発してた吉之助に対して、あっさり博多?長崎?に連れて行ってもらっちゃうあたりで「それでいいのかよ!?」って気になってしまった。