西郷どん 第18回「流人 菊池源吾」

奄美大島編…らしい。結構大々的に宣伝してたし、新たなスタート的な気合いを感じた。何よりもロケだと思われる映像の美しいこと美しいこと!二階堂ふみさんの演技は完全に見入ってしまうほどに上手いし、風景はため息つくほどに雄大だし、画面を見ているだけで楽しくて、40分間全く飽きなかった。ただ、気になる点もあった。


まず、吉之助がどうしてここまで荒れているのか、いまいちピンと来ないところ。自分の中では月照さんと死んだはずが自分一人だけ生き残ってしまったことに対する絶望が大きかった…というのが一番しっくりくる理由なのだけど、それにしては吉之助と月照さんの繋がりが全く描かれてこなかったため、ただ単に「自分だけ生き残って申し訳ない」みたいな自責の念でヤケになってるように見えてしまって、鈴木亮平さんの渾身の演技がむしろ大げさで悲劇のヒーローな自分に自己陶酔してるようにすら見えてしまったのがツラかった。あと、どう見ても斉彬の死の方に引きずられているように見えてしまって、月照さんの影があまりないように見えるのも切なかった。

 

あらかじめあんな風に「お前の夫が来る」って預言されたら、そりゃー気になるよな。こういう設定は厨二っぽくていいかも。ただ、とぅまがなぜ薩摩侍を嫌うのか、というのはもっとアピールしてくれても良かった。嫌いな相手と結婚するという預言にもっと過剰に反応してくれても良かったのに。あと、とぅまにシャーマン的?なパワー?があって、海神様に祈るとそれが実現するみたいな設定、ちゃんと説明されてたっけ?話の流れで多分そうなんだろうとは思ったものの、何か突然海に走り出して「災いを与えてくれ!」って叫ぶという行動はなかなかエキセントリックだよなぁって思った。それに、力があるならばそれを自分の感情的な好き嫌いで振るってしまっていいわけ?という気にも。完全に自分の感情的好き嫌いで相手を呪ってしまうヒロインてどうなんだろう。その上、いざ災いが降りかかると途端に怖じ気づいて必死で助けようとするのも、なんかこう…どうなんだろう。あんまり深く考えない方がいいんだろうなぁ。