西郷どん 第12回「運の強き姫君」

なるべくリアルタイム視聴したいんだけど、録画勢になりつつある…ペースを戻したい。

 

将軍の御台所となって天下一の幸せを手に入れるつもりであったのに、肝心の将軍は男として不能で世継ぎも望めず、大奥を支配して一橋公(=慶喜)を次期将軍にするよう働きかけることこそが篤姫の使命…!盛り上がる展開だし、北川景子の演技も見応えあるし、何より南野陽子の幾島がいいなぁって思ったんだけど、正直斉彬の思惑が、当の斉彬の口からベラベラ語られちゃったのが残念というか何というか…素直に謝っちゃう斉彬が見たいわけではなかったんだけどなぁ。やっぱり自分の中で斉彬の人となりが全然理解出来ないままだな。


そもそも篤姫が強運という設定そのものが取って付けた感ありすぎないかなぁ?いや、相撲の時に一回だけチラッと出てきたのは覚えてるけど…こういうのはエピソードで「篤姫=強運」というのを印象づけて欲しかったり。後半、地震で傷一つなかったあたりも強運エピソードなんだろうけど、もっと前から強運をアピールする話をやってくれたらもっと納得できた気がする。ただ、強運で死なないからこそ家定が篤姫との結婚を決めた、というのはすんなり納得できる展開だったし、今後の大奥編に期待が持てた。ピン子さんやっぱり存在感あるな!

 

地震の時に篤姫が吉之助に「一緒に逃げて欲しい」って言うの、私はいまいちピンと来なかったんだけど、あそこはキュンとするところなんだろうか。それとも篤姫の覚悟にジーンとするところだったんだろうか。女としての幸せすら望めないと知った時、斉彬の前では気丈に振る舞っていたけど、その裏には大きな衝撃が確かに見えていた。そこからの一時的な逃避願望が言わせた言葉だと感じとることはできたし、恋というより信頼が押し出された篤姫と吉之助の演技はさすがだと思ったけど、なんかこう…取って付けた感がなきにしもあらず…なんだろうな。