おんな城主直虎 第45回「魔王のいけにえ」

の、信康ぅ~~~~~~!! これまでちょっとずつ描いてきた家康信康親子のお互いへの愛情を知っているからこそツラいこの展開。一方、悪役として割を食ってるのは全ての元凶にされてる信長なんだけど、このどう見てもゲームから出てきたとしか思えない現実…

おんな城主直虎 第44回「井伊谷のばら」

今回結構ベルばらをそっくりそのままオマージュしてたな~。おとわが祐椿尼に「要約:女でありながらこんな人生が送れて幸せだった」って言うところはまんまベルばらじゃん!って。これまで副題のパロってなんとなく意識してる程度だったと思うんだけど、今…

おんな城主直虎 第43回「恩賞の彼方に」

万千代の話が面白すぎてこのまま万千代の人生を全部やって欲しい欲求がどんどん大きくなる。何故来年の大河は井伊直政じゃないんだ!? ただ、直政物語はすごく面白いんだけど、じゃあ井伊直政で一年大河やってこれだけ面白かったかというと…森下さんが書い…

おんな城主直虎 第42回「長篠に立てる柵」

今回初っ端からず~っと万千代の話がイキイキと語られて、途中でおとわのいる井伊谷に場面移ったら「あ、そういえば主人公は直虎だった」って素で思ってしまうくらい万千代の主人公度数が高すぎて楽しい。もうこのままあと半年くらい延長して井伊直政物語が…

おんな城主直虎 第41回「この玄関の片隅で」

万千代と万福の名前が自分の中でようやく馴染んできた。 今後の流れが万千代の立身出世物語になるとして、でも物語の主人公は一応直虎なわけで、どうやって物語を作るんだろう?って興味津々だったんだけど、今日の回を見て見事さに唸る。そうくるか…万千代…

おんな城主直虎 第40回「天正の草履番」

森下さんが脚本した「天皇の料理番」のセルフパロのサブタイトル。 家康と直虎の対面。これまでこの二人は腹を割って話す機会がそういえばなかったなぁと思い返す。家康の方が直虎に気を使っているのは、やはり井伊谷での対応を軽んじたことへの罪悪感なんだ…

おんな城主直虎 第39回「虎松の野望」

虎松~~~~~wwwwww 前回のあのちょっとのシーンだけで「この虎松一筋縄ではいかない…」ってかなり警戒しながら見始めたけど、今回その警戒レベルの悠々上を行くどえらいインパクト放ってきた菅田将暉さんの虎松に心から拍手を送りたい。キャラ作り…

おんな城主直虎 第38回「井伊を共に去りぬ」

「風と共に去りぬ」ってことは龍雲丸は去り、おとわは残るってことだよなぁ。 氏真の笙の音が寿桂尼様を呼び寄せたのか…そうか…信玄の死因は寿桂尼様の呪いだったんだな…納得。これ、氏真が必死で召喚したんじゃなくて、本人は徳川陣営でのほほんと「おばば…

おんな城主直虎 第37回「武田が来たりて火を放つ」

柴咲コウさん美しい~~~~!これまでで一番直虎が美しかった回は直之のフリして今川屋敷に乗り込んだ男装回(第15回)だと思ってたんだけど、今回はそれに負けないくらい美しかった~!農民としてのほつれた髪とか粗末な衣装とか、何よりも鎧姿とか、とに…

おんな城主直虎 第36回「井伊家最後の日」

瀬名姫と家康劇場。瀬名ちゃんが井伊のことで家康に詰め寄る時の言葉が「どうして井伊を見捨てたのか」じゃなくて「見捨てたままということはございませんな?」って言い方なのがすごく良かった。この時代、戦の流れによっては「一度は見捨てる」ってことが…

おんな城主直虎 第35回「蘇えりし者たち」

よかった、さすがに三週連続での鬱展開はなかった。再生と復活の物語。 政次の死のショックで死人のようだった直虎が、気賀の惨状を知って飛び起きて走り出す姿に切ない力強さを感じる。ショック療法的な効果なんだろうけど、政次の死に対抗するショックとし…

おんな城主直虎 第34回「隠し港の龍雲丸」

前回の政次の最期はツラい面もあったけど、どちらかというとドラマとしての見せ方に半ば興奮気味に「すごいものを見た」と思ってたものだけど、今回は完全に痛めつけられた上での絶望しての「すごいものを見ちまった…」だった。ある意味、あの衝撃の33話をそ…

おんな城主直虎 第33回「嫌われ政次の一生」

ひっさびさに、見終わってため息しか出ない壮絶なドラマを見た。なんかとんでもないものを見た。見終わっても全然自分の中で咀嚼できない、ものすごいものに押しつぶされたような感覚。圧倒された。打ちのめされた。 領主を追われてからの直虎が尼僧姿に戻っ…

おんな城主直虎 第32回「復活の火」

いよいよ目の前に戦の火が燃え上がり始める今回。各陣営が戦支度に勤しみ、各々の思惑で裏切ったり裏切られたりする。政次のザンバラ髪(っていうの?)姿が麗しすぎてヘンな声出そうになった。月代似合う~って思ってたけど、それ以上にザンバラ髪似合う~…

おんな城主直虎 第31回「虎松の首」

この時代、領主の家が取りつぶされたらその残党は逃げ出すものであったのか…いや、確かにそのまま居座られても扱いに困るし、農民に慕われる領主であればあるほど邪魔な存在でもあるだろうから、ある意味当たり前ではあるのだけど。そして隠れ家で早速今回の…

おんな城主直虎 第30回「潰されざる者」

久々に政次が井伊谷三人衆の前で「井伊を乗っ取ろうとしてる家老」のフリしてるの見てフフッてなる。最近井伊で直虎と深夜囲碁で充実した日々を過ごしている姿ばかり見てたので、そういえばその設定まだ生きてたんだ!?的な。大前提を思い出させてくれてあ…

おんな城主直虎 第29回「女たちの挽歌」

うぉぉぉ!しのさん!しのさんカッコいい!!頼まれた訳でもないのに、当主の奥方としての勤めを果たしているしのさん素敵!!こういう描写が一つあるだけで直虎としのさんが疑似夫婦的な関係であるというのがすごく納得できるの本当に嬉しいし上手いなぁっ…

おんな城主直虎 第28回「死の帳面」

先週、次回予告のサブタイ(デスノートってあんた…)見てひっくり返ったんだけど、見終わってみればこれまでの中でトップクラスの「サブタイが内容を表す」事例だった。だったんだけど…何度見てもこのサブタイをどう受け止めたらいいのかわからんw 一見ギャ…

おんな城主直虎 第27回「気賀を我が手に」

中村屋始め気賀の商人衆が「どうせ誰かが治めなければならないなら、せめて井伊に」と言ってくる展開。そこで一度「一晩考えさせてくれ」って言えるのが直虎の成長だよなぁ。昔だったら絶対にその場で「うむ!」って承諾して、後で政次に嫌味言われる展開だ…

正解するカド 視聴後感想

途中までは手放しですっごい面白かったんだけど、最後の3話くらいが自分の中でうまく咀嚼できなくて、モヤモヤが最後まで残った作品だった。 以下、完全ネタバレ感想。 一番モヤモヤしているのは、天才交渉人たる真道にとって、最後のザシュニナとの交渉は…

おんな城主直虎 第26回「誰がために城はある」

今回のサブタイは内容をダイレクトに示してくれてありがたい!原作のヘミングウェイの方は未読なのでパロ成分があるかは謎。気賀に城が作られることになり、それによって気賀の商人たちの間でも対立が起こる。それを直虎が仲裁し、めでたしめでたし。そして…

おんな城主直虎 第25回「材木を抱いて飛べ」

高村薫要素あったか…?材木を抱いて飛ぶ要素あったか…?ただ、龍雲丸が船で疾走するシーンは壮大で「抱いて飛ぶ」と言われたら納得するようなそうでもないような…わからん。 龍雲丸が尼小僧様を話題に出された時のこそばゆい据わりの悪い感じがなんともムズ…

おんな城主直虎 第24回「さよならだけが人生か?」

いきなり副題で井伏鱒二にケンカ売っちゃうのすごい。いや、わかってる。題名パロディなんだからこうならざるを得ないのはもちろんわかってる。たけの里下がりとそのオチに引っかけた題名だよね。冒頭の龍雲丸が去って行くのも含まれてるのかも。龍雲丸もま…

おんな城主直虎 第23回「盗賊は二度仏を盗む」

第21回からの龍雲丸編が一段落という感じなのかな。副題は「郵便配達は二度ベルを鳴らす」からだと思うけど、艶っぽい展開というよりはミステリ的な小細工を楽しむ回かなぁ。なんていうか、大河っぽくないというか、木曜時代劇っぽいというか、キャラ重視な…

おんな城主直虎 第22回「虎と龍」

この副題は何から来てるんだろうなぁ…良くありがちなやつなので、コレといった元ネタというよりは、このタイプという感じのざっくりした感じなのかもしれん。 今回は乙女ゲー回に見せかけて、結構内容が社会派だった。いや、いつもそうか。これまでのムラ社…

おんな城主直虎 第21回「ぬしの名は」

これまた攻めてる副題来たなー。最後に句点がないのはさすがにやり過ぎだと思ったのか、昔のラジオドラマの方からのパロディってことなのか。 「スリに財布を盗まれる→盗賊もびっくりするほどしぶとく追いかけて最終的に捕まる→身代金の要求のネタにされる」…

おんな城主直虎 第20回「第三の女」

副題の元ネタはクリスティの「第三の女」だと思うけど、インスパイアされる内容ではなかったような…?私が第三の女の内容を良く覚えていないせいもあるけど。もしかして副題はなんとなくそれっぽければいいのか。今回で言えば、高瀬が第三の女であり、その母…

おんな城主直虎 第19回「罪と罰」

副題はそのままだなー。次回の副題も「第三の女」だったし、ここ二つそのまま引っ張ってくるのが続くらしい。 目付役の近藤康用(やすもち)に井伊の民が木材泥棒をしたと因縁を付けられて直虎が逆ギレして一触即発になり、山狩りをして捕まえてみると旅の男…

おんな城主直虎 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」

すげー厨二っぽい副題。ハードボイルドっぽいなーと思ったら案の定フランス映画でノワールものらしい…ノワール…苦手なやつだ…。 今回は何と言っても政次と直虎の対峙のシーンが秀逸だったし、そこに行きつくまでの流れもめちゃくちゃ良かった。それまで型を…

おんな城主直虎 第17回「消された種子島」

何かこんな題名のミステリありそうだなぁと思いながらも、ピンと来るものは思い浮かばなかった。ホームズとかに散々「消された~」とかありそうだなぁと思いつつ。 今回は小休止的というかいろいろ伏線仕込んでる回というか子役すげー回というか。虎松役の子…